ニュースレター

再現性の高い臨床試験を実施するための方法や、機能性表示食品の届け出方法等の情報等を発信しております。

094号 2018年 4月
機能性表示食品の届出サポートでスピード感も重視しました
・3月28日の消費者庁ガイドライン改正
・お問い合わせ電話の対応も速度が重要
・工程の詳細毎に1ページ
・ホームページの墨俣一夜城、再び

093号 2017年 10月
・機能性表示食品の届出サポート。 (第9回:届出に関する初回お問い合わせ)
・インターフェックスに出展しました。

092号 2017年 6月
・アイフィアに出展しました。
・機能性表示食品の届出サポート。(第8回:被験者さん募集について)

091号 2017年 4月
・機能性表示食品の届出サポート。(第7回:被験物質・対照物質のご準備について)
・今年もアイフィア・インターフェックスに出展します。

090号 2017年 3月
・機能性表示食品の届出サポート。(第6回:臨床試験編 倫理委員会申請について)
・送り先のお伺いシート。

089号 2017年 2月
・機能性表示食品の届出サポート。(第5回:臨床試験編 仕様書について)
・ニョキッと立ち上がる梅田。

088号 2017年 1月
・機能性表示食品の届出サポート。(第4回:研究レビュー編)
・動画、ホームページ上に公開中です。

087号 2016年 12月
・梅田、ユーチューバーになる?!
・機能性表示食品の届出サポート(第3回)

086号 2016年 11月
・渋谷で展示会
・機能性表示食品の届出サポート(第2回)

085号 2016年 10月
・機能性表示食品の届出サポート(第1回)
・ぶら下がったり歩いたり

084号 2016年 9月
・研究レビューの作成補佐・代行。

083号 2016年 8月
・2つの展示会に出展しました。(後編)

082号 2016年 7月
・新ホームページの反響。
・2つの展示会に出展しました。(前編)

081号 2016年 6月
・大改装した弊社ホームページの内容。

080号 2016年 5月
・皆様の宛先を伺いますチラシ同封の結果。
・インターフェックスでお待ちしております。

079号 2016年 4月
・皆様の宛先をお伺いしますチラシを同封。
・12周年です。
・今年もアイフィアに出展します。

078号 2016年 3月
・『機能性表示食品の制度説明のための出張セミナー(勉強会)』でお客様に弾みがついた事例。

077号 2016年 2月
・お客様と統括医・専門家の先生を交えた打合せ。
・三重大学までの交通手段。

076号 2016年 1月
・出張セミナー(勉強会)、その舞台裏。

075号 2015年 12月
・出張セミナー(勉強会)で情報劣化を防止。
・立ち上がる梅田。

074号 2015年 11月
・出張セミナー(勉強会)、いかがでしょうか?
・展示会の会場で驚かれました。

073号 2015年 10月
・倫理委員会に必要な被験物質情報。
・一晩で変化する梅田。

072号 2015年 9月
・先月号の修正・補足がございます。
・修正作業、急ぎました。

071号 2015年 8月
・機能性表示食品のご質問への弊社の電話受け答え(第1回)。

070号 2015年 7月
・展示会は数秒勝負。
・機能性表示食品、お寄せいただいた感想。

069号 2015年 6月
・セミナー(勉強会)を開催しました。
・展示会と学会で企業展示を行いました。

068号 2015年 5月
・LINE自作スタンプ、販売開始しました。

067号 2015年 4月
・三重県事業を受託しました。
・6月16日(火)、セミナー開催。
・今年もifiaに出展します。

066号 2015年 3月
・第1段冊子の内容説明
・特集「機能性表示食品」を開始します。

065号 2015年 2月
・第2弾の冊子、作りました。
・講演をお請けさせていただく時の流れ。

064号 2015年 1月
・日帰り京都旅行。

063号 2014年 12月
・筋肉とイラスト描きと梅田。

062号 2014年 11月
・紙上展示会 その5(文献調査編)

061号 2014年 10月
・紙上展示会 その4(試験現場は川の流れのように編)

060号 2014年 9月
・紙上展示会 その3(お客様にご準備いただく資料編)

059号 2014年 8月
・紙上展示会 その2(イラスト編)

058号 2014年 7月
・紙上展示会 その1(餅つき編)

057号 2014年 6月
・変身、展示物。

056号 2014年 5月
・5月アイフィア、7月インターフェックス
・ダイジェスト冊子プレゼント

055号 2014年 4月
・LINEスタンプを自作
・おかげさまで10周年

054号 2014年 3月
・測定チームのアルバイトさん列伝

053号 2014年 2月
・測定チームの方々との出会い(前編)

052号 2014年 1月
・看護師チームのお仕事公開

051号 2013年 12月
・西川先生と階段と梅田
・磯田先生の複数専門分野の融合

050号 2013年 11月
・早朝からチーム戦。

049号 2013年 10月
・真夜中の測定と梅田。

048号 2013年 9月
・時間勝負の採血、その舞台裏。

047号 2013年 8月
・伊勢神宮のお白石持行事での梅田。

046号 2013年 7月
・展示会の舞台裏、お見せします。

045号 2013年 6月
・実はそれ、ぜんぶ三重なんです!

044号 2013年 5月
・全国どこでも梅田が参上。
・オリジナルキャラクター作成。

043号 2013年 4月
・浜参宮(はまさんぐう)に参加させていただきました。
・お客様のお声で進化する茶話会。

042号 2013年 3月
・片道3時間で梅田、登場。
・エレキギター初挑戦(中編)

041号 2013年 2月
・愛犬のスマホへの執着心について専門家の先生に伺いました。

040号 2013年 1月
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第9回:完成編)
・エレキギター初挑戦(前編)

039号 2012年 12月
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第8回:文章案編)
・自室でダンスに興じる梅田。

038号 2012年 11月
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第7回:グラフ編)
・国際航空宇宙展でテーマ曲を脳内再生。

037号 2012年 10月
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第6回:速報編)

036号 2012年 9月
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第5回:試験実施編)

035号 2012年 8月
・ホロデッキでの梅田。
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第4回:被験者募集編)

034号 2012年 7月
・インターフェックスジャパンでの梅田監督の華麗(?)な舞台裏、大公開。

033号 2012年 6月
・4月末の技術説明会と指し棒。
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第3回:倫理委員会編)

032号 2012年 5月
・BIO techの見学をしました。
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第2回:仕様書・試験計画作成編)
・医薬品・化粧品・洗剤の最先端技術がひと目で解るインターフェックスに7度目の出展。

031号 2012年 4月
・フーデックスジャパンの見学をしました。
・工学部の先生が展示・発表をされます。(痒み計測機)
・機能食品研究所は、なぜ10日で速報を出せるのか?(第1回)

030号 2012年 3月
・ヒト試験会場での見学と測定(測定編)。
・4月24日(火)に、技術説明会を行います。

029号 2012年 2月
・営業活動と、カーブと梅田。
・ヒト試験会場での見学と測定(前編)。

028号 2012年 1月
・ドラゴン?
・魔法みたいなパソコン技。

027号 2011年12月
・皮膚測定会場の内覧会を行いました。

026号 2011年11月
・手書きイラストと、梅田。
・手書きPOPの書き方講習会に行きました。

025号 2011年10月
・皮膚測定会場をリニューアルしました。
・11月22日(火)、内覧会を行います。

024号 2011年9月
・香りが楽しめる映画と、広がる梅田の妄想。
・倫理委員会って何?

023号 2011年8月
・続、仕様書(試験デザイン)作りへの「こだわり」。

022号 2011年7月
・インターフェックスの設営と接客。
・景品表示法・薬事法の勉強会で目からウロコが。

021号 2011年6月
・一挙一動が試験結果を変えると思うのです。
・ 初めての白衣

020号 2011年5月
・5分で『動物試験を説明する』方法。
・8年目の機能食品研究所。
・今年もインターフェックスに出展します。
・痒み評価の茶話会を実施しました。

019号 2011年4月
・5分で『試験デザインの作り方を説明する』方法。
・経口摂取の試験を簡単に説明する方法。
・皮膚の試験を簡単に説明する方法。

018号 2011年3月
・愛用品への苦渋の選択。
・気持ちを悟られない方法。
・4月22日(金)に痒みの茶話会(さわかい)を行います。

017号 2011年2月
・恵方巻きとビーグル犬。
・ビーグル犬とイタチ・・・。
・試験現場で測定データを守る梅田。

016号 2011年1月
・社用車が移動や運搬以外でも活躍。
・限界にチャレンジ。
・大河ドラマ「江(ごう)」と三重県津市。
・皮膚撮影から広がった世界。

015号 2010年12月
・大阪で3D映画の次を行く技術に遭遇し、驚きました
・USJで皆が私に振り返るのです。
・測定機器の動作チェックを欠かさない梅田
・測定機器の使用方法は、測定日毎にチェックリストで確認します

014号 2010年11月
・定食屋のメニューで2分間楽しむ法
・梅田の就寝中に襲った二人の影とは
・茶話会の運営をお褒めいただきました
・痒みの茶話会も盛況でした

013号 2010年10月
・大阪なんば駅で、狸や狐につままれたかと冷や汗が出ました
・バイオジャパンに出展しました
・11月17日(水)に痒みの茶話会(工学部 野呂先生)を行います
・野呂先生との打合せに行くたびに映画007の【Qの研究室】を思い出します

012号 2010年09月
・我が街にも3D映画が来ました!
・9月の茶話会(内科分野)は質疑応答時間の質問数が37件でした
・ヒトの痒み評価への道 ~赤面編~
・11月の茶話会はヒトの痒み評価技術についてです

011号 2010年08月
・暑いので、電動かき氷機を買いました
・7月の茶話会(皮膚科分野)、大盛況でした
・9月の茶話会(内科分野)を9/6(月)に行ないます
・講師をしていただく西川先生のご紹介

010号 2010年07月
・展示会にご来場いただき、ありがとうございました
・2秒ごとに気をひくビデオの気になる内容
・9月の茶話会(内科)の日程は9/6(月)または9/13(月)になりそうです
・プラセボとの味の差について
・三重大学オフィスを開設しました

009号 2010年06月
・東京ビックサイトでの展示会「インターフェックスジャパン」でお待ちしております
・茶話会(皮膚試験や美容用品の試験について)は7月28日(水)に行います
・7月茶話会の講師をしていただく磯田先生のご紹介
・試験現場の待合室のこだわり。

008号 2010年05月
・疲れた時に、してしまう行動。
・茶話会の第1弾は7月に皮膚科の先生を囲んで行う予定です
・瀧川さんの新たな旅立ち
・今年も東京ビックサイトでの展示会に出展いたします

007号 2010年04月
・前号で意外と怖いUSBメモリと言っていましたが、意外と怖いどころか非常に怖いが最適と気付きました
・警備システム
・四刀流

006号 2010年03月
・しんみりしていますが最終話じゃないですよ
・物は壊れます
・意外と怖いUSBメモリ

005号 2010年02月
・映画「アバター」を観てきました。映画の内容とは関係ありませんが、大学時代の担当教官を思い出しました
・ヒトの痒みの数値化への道(その3)
・梅田って何者?(水泳編)
・被験者への説明資料の「こだわり」

004号 2010年01月
・ニンテンドーDSがきっかけで名城大学にて受験?
・ヒトの痒みの数値化への道(その2)
・梅田って何者?(剣道編)
・被験者選出への「こだわり」

003号 2009年12月
・ワンピース0巻
・ヒトの痒みの数値化への道(その1)
・梅田って何者?(その3)
・倫理委員会申請書作りへの「こだわり」

002号 2009年11月
・津ぎょうざ。
・皮膚試験の季節です。
・梅田って何者?(その2)
・計画書作りへの「こだわり」

001号 2009年10月
・ニュースレターはじめました
・ロゴに書いてあるKSKって何?
・梅田って何者?(その1)
・仕様書(試験デザイン)作りへの「こだわり」

お気軽にお問い合わせください

(株)機能食品研究所
TEL:059-253-8091
E-mail:info@ksk-lab.co.jp
お問い合わせフォームはこちら
会社パンフレット(PDF)はこちら
本社:〒514-0027三重県津市大門7-15 津センターパレス4F
研究室:〒514-8507津市栗真町屋町1577 三重大学 総合研究棟2 A棟4F